豊満なバスト

豊胸手術がたどってきた歴史について

豊満なバストに憧れる女性が少なくありませんが、諸外国に比べると、日本国内で豊胸手術が行われるようになったのはかなり遅めだったと言われています。欧米人に比べると日本人の体格は貧弱ですので、バストが小さいことを真剣に悩んでしまう人がそれほど多くなかったためだと考えられています。しかし、外国の情報が大量に日本国内に伝えられるようになるにつれ、欧米の女性のようなグラマラスな体型になりたいと希望する女性が増えるようになり、日本国内の美容外科クリニックでも盛んに豊胸手術が行われるようになりました。もともとは乳がん手術で乳房を失ってしまった人の乳房再建術からスタートした手術です。そのため、初期の頃はとにかくバストに膨らみを持たせることだけが重視される傾向が強かったのですが、最近では見た目の美しさを重視する豊胸手術が増えてくるようになりました。

今後はどのような治療方法が中心になっていくのか

現在、日本国内の美容外科クリニックで受けられる豊胸手術は、人工乳腺バッグ挿入法、脂肪注入法、ヒアルロン酸注入法の3種類が主流になっています。意外に思われる方が多いかもしれませんが、この3種類の方法の中で、日本国内で一番長い歴史を持っているのは脂肪注入法による豊胸手術です。その次に行われるようになったのが人工乳腺バッグ挿入法で、ヒアルロン酸注入法が登場してくるようになったのはごく最近になってからのことです。脂肪注入法や人工乳腺バッグ挿入法による豊胸手術は、患者の体にかなり大きな負担がかかる方法です。でも、ヒアルロン酸注入法の場合は、患者の体への侵襲をほとんど心配する必要がないため、高い人気を呼んでいます。料金も比較的安価なので、今後はヒアルロン酸注入法による豊胸手術を受ける人が増えるのではないかと考えられています。